お肌のお悩み・肌トラブル

うっかり日焼けしてしまったら?日焼け後のアフターケア

日焼けを防ぐために気をつけていても、つい無防備に紫外線を浴びてしまうことはあります。もし日焼けをしてしまったら、その後にどのようなケアを行えばよいのでしょうか。
ここでは、「うっかり日焼け」のダメージを最小限に抑えるためのアフターケアについて解説します。

日焼けは美肌の大敵

「日焼けは美肌の大敵」とよくいわれます。では具体的に、紫外線がどのようなダメージを肌に与えるのか見ていきましょう。

肌が黒くなるだけでなく、シミやシワなどのトラブルを招く


地上に降り注ぐ紫外線は、UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)に分けられます。
地表に届く紫外線のうち、約90%を占めているのがUV-Aです。エネルギーは弱いものの波長が長く、雲やガラス、衣類なども通過する性質を持っています。肌の奥深くの真皮まで到達し、シワやたるみの原因になるとされています。
一方、UV-Bは波長が短く、エネルギーが非常に強いのが特徴です。主に肌の表面で吸収され、細胞を損傷してやけどのように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)する原因になります。また、メラニンを増加させて、シミやソバカスを引き起こすのもUV-Bです。

肌老化の原因の約8割は紫外線

「加齢とともに肌が老化するのは仕方ない」と考えている人も多いかもしれません。しかし、実は肌の老化の原因のおよそ80%は、UV-AとUV-Bだといわれているのです。
紫外線は肌のハリと弾力を保つために欠かせないコラーゲンに影響を及ぼし、シワやたるみといった肌トラブルにつながりやすくなります。
このように、紫外線を長年浴び続けることで、シワ、シミ、たるみなどが引き起こされ、老けてしまうことを「光老化」といいます。光老化は、加齢による老化とは異なり、紫外線を浴びた時間と強さに比例するとされているのです。

バリア機能の低下によって、そのほかのダメージも受けやすくなる

肌には、水分の蒸発を防ぎ、外部刺激から肌を守る「バリア機能」が備わっています。肌を保護する上で大切な役割を担っているのが、角質と皮脂膜です。紫外線を浴びるとこの皮脂が酸化し、肌のバリア機能の働きを弱めてしまうのです。
バリア機能が低下した肌は、水分が蒸発して乾燥しやすくなります。さらに、無防備な状態で外部からの刺激を受けることになって、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。

季節を問わずUVケアは一年中必要


紫外線量のピークは5~8月頃ですが、それ以外の季節や天気の悪い日でも、紫外線は絶えず降り注いでいます。たとえ弱い紫外線でも、長いあいだ浴び続ければ、肌はどんどんダメージを受けるでしょう。日差しの強い夏場に限らず、年間を通した紫外線対策が必要です。
また、紫外線のうちUV-Aは、雲やガラス窓、布なども通過する性質があります。日差しの少ない日でも、薄曇りで快晴時の約80~90%、曇りは約60%、雨の場合は約30%の量の紫外線が降り注いでいるといわれています。外出する際には、曇りや雨の日であっても忘れずに紫外線対策を行いましょう。室内でも、窓際にいるときなどは、日焼け止めを塗るといったUVケアをしたほうが安心です。

日焼けした肌では何が起きている?

紫外線を浴びて日焼けをした肌では、いったい何が起きているのでしょうか。ここからは、日焼けのメカニズムについて詳しく解説しましょう。

紫外線を浴びると肌内部でメラニンが大量に生成される

紫外線を浴びた肌の内部では、メラニンという色素が大量に作られます。メラニンは「シミの原因になる悪者」というイメージがありますが、本来は、黒い色素で紫外線を吸収して真皮への侵入を防ぎ、肌細胞を守る役割を担っているのです。

通常ならメラニンはターンオーバーではがれ落ちる


肌のターンオーバーによって新たに生まれた表皮細胞は、徐々に上に押し上げられていきます。このとき、生成されたメラニンも細胞とともに押し上げられるため、肌がだんだんと黒くなったように見えます。
通常であれば、メラニンはターンオーバーとともに押し出され、垢となってはがれ落ちるので、日焼けで黒くなった肌も徐々に元の色に戻ります。

紫外線を浴びるとターンオーバーが乱れてシミの原因に

強力な紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴び続けたりすると、メラニンの生成が活発になります。また、紫外線によって肌細胞が損傷することで、肌のターンオーバーが正常に行われません。
ターンオーバーのサイクルが乱れると大量のメラニンが分解できなくなり、排出されずに肌内部にとどまることになってしまいます。この肌に滞留したメラニンが、シミの原因になるのです。

うっかり日焼けをしてしまったら?

「紫外線対策に気をつけていたはずなのに、日焼けをしてしまった」ということは、誰にでも起こる可能性があります。うっかり日焼けをシミやシワにつなげないためには、素早いアフターケアが重要です。

肌がほてるときは氷や保冷剤で冷やす

日焼けをした肌は、やけどをしている状態と同じです。肌にほてりや赤みがある場合は、できるだけ早く冷やして炎症を抑えてください。肌を冷やすときは、流水や氷、濡らしたタオル、保冷剤などを使うと効果的です。氷や保冷剤で冷やす場合は、肌に直接あてると刺激が強すぎるので、タオルなどに包んでください。
肌ダメージを悪化させないよう、こすったり叩いたりするのは禁物。肌への刺激を避けるため、洗顔をするときはしっかり洗顔料を泡立て、泡でやさしく洗いましょう。なお、冷やしてもほてりが治まらない場合や、痛みや水ぶくれがあるときは、すみやかに皮膚科を受診してください。

赤みやほてりが落ち着いたらしっかり保湿

肌の赤みやほてりが落ち着いたら、保湿効果のある化粧水で肌にしっかりと水分を与えましょう。日焼け後の肌は刺激に敏感になっているため、強くパッティングしたり、少ない量のクリームを無理にのばしたりするのはNG。保湿成分が配合された化粧水をたっぷり使い、鎮静効果のあるジェルなどを利用するのもおすすめです。
また、日焼け後は洗顔にも注意が必要。洗顔料は両手いっぱいに泡立てて、泡を肌の上で転がすようにしてやさしく洗ってください。洗顔料を肌に残さないように、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。

シミになる前に有効成分が配合されたグッズでケアを

肌の赤みが引いて状態が完全に落ち着いたら、日焼けをシミに変えないためのスペシャルケアを行いましょう。美白効果のある化粧水や乳液を使ったり、いつものスキンケアに美白美容液やシートマスクをプラスしたりして、集中的な美白ケアをおすすめします。
メラニン色素の合成を抑えるといわれている成分は、ビタミンCとビタミンC誘導体、アルブチン、ピクノジェノールなどです。また、日焼けによるシワやたるみを防ぐには、ヒアルロン酸やセラミドなどが配合された化粧品が効果的です。できれば、ほてりが引いてから1ヵ月程度は美白化粧品を使うといいでしょう。

日焼けにはインナーケアも重要


日焼けをした後の肌には、外側からのスキンケアだけでなく、身体の内側からのケアも必要です。最後に、正しいインナーケアの方法をご紹介します。

乾燥した肌に水分補給

日焼け後の身体は水分が失われ、乾燥した状態になっています。たっぷり水分をとって、脱水状態の身体に水分を補給しましょう。カフェインが含まれた緑茶やコーヒーには利尿作用があり、ジュースやスポーツドリンクには多量の糖分が含まれています。水分補給として飲むなら、カフェインの入っていない水や麦茶、カフェインの少ないほうじ茶などを選んでください。
このとき、飲み物は常温がおすすめです。日焼けをするような暑い日は、つい冷えた飲み物が欲しくなりますが、冷たいものを飲みすぎると急激な温度変化で、胃腸に負担を与えることがあります。

肌の免疫力・抵抗力を高めるビタミンA・C・E

日焼けをしてしまった後は、シミやシワの予防に効果的だといわれるビタミン類を積極的にとりましょう。特に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、紫外線によって生み出された活性酸素を抑制する抗酸化力に優れています。食事だけで摂取することが難しい場合は、サプリメントを上手に活用するといいでしょう。

うっかり日焼けをしてしまったら、適切なケアで肌を守ろう

シミやシワ、たるみなどの肌トラブルを防ぐには、日頃からの紫外線対策が重要です。紫外線が降り注ぐのは暑い夏に限らないため、年間を通したUVケアを心掛けてください。
ただし、いくら気をつけていても、うっかり日焼けをしてしまうことはあります。日焼けをしたときに重要なのは、ダメージを受けた肌をそのままにせず、適切なアフターケアを行うこと。日焼けをシミとして定着させないためにも、正しいケア方法を知っておきましょう。

基礎化粧品会社イービーエムが展開する全国の「スキンケアスタジオ」では、お一人おひとりの肌や体質に合った化粧品をベースに、心をこめた美と健康の「手あて」をいたします。肌やスキンケアでお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。