お肌のお悩み・肌トラブル

毛穴の角栓はなぜできる?押し出さない正しいケアと予防法

鼻やあごなどにできることが多い角栓。ポツポツと目立つのが気になって、爪で押し出したりピンセットでつまんだりした経験がある人も多いのではないでしょうか。
見えている角栓をただ押し出すだけでは、根本的な解決にはなりません。原因を解消しなければ、一度はきれいになったように見えても角栓はまた詰まり、同じことの繰り返しになってしまいます。

角栓のない肌のためには、角栓ができるメカニズムを理解し、正しいケアをすることが大切です。ここでは、毛穴の角栓ができる理由と、そのケア方法についてご紹介します。

そもそも角栓とは?


そもそも角栓とは、何なのでしょうか。角栓の約70%は、代謝によってはがれた古い角質で、残りの約30%が毛穴に詰まった皮脂。角質で毛穴に栓をするため、角栓と呼ばれています。小鼻や鼻の頭、頬、あごといった皮脂分泌が盛んな場所にできやすく、最初は白くザラザラしていますが、放置すると酸化して黒ずんで見えます。どうして角栓ができるのか、原因には下記のようなものがあります。

ターンオーバーの乱れ

健康な肌はターンオーバーを繰り返して新しい角質に生まれ変わり、古い角質は自然にはがれて排出されます。しかし、何らかの原因でターンオーバーのサイクルが長くなると、古くなった角質が排出されず、行き場所を失った角質は毛穴の中で角栓のもとに。これに皮脂が付着し、やがて栓になって毛穴をふさいでしまうのです。
ターンオーバーのサイクルは、短くなってもいけません。はがれ落ちる機能が弱い未成熟な角質ができ、結果的に毛穴に詰まって角栓となります。
角栓は、この繰り返しによって少しずつ成長します。そのため、押し出して一時的に取り除いたとしても、根本の原因であるターンオーバーが正常化しない限り、角栓は何度でもできてしまいます。

メイクの落とし残し

油性成分が含まれた、ファンデーションや化粧下地といったメイクが落とし切れていないと、古い角質や皮脂と混ざって毛穴につまり、角栓の原因になります。また、ウォータープルーフの日焼け止めなども、洗顔だけでは落とせずクレンジングが必要です。クレンジングや洗顔が不十分だと、毛穴に汚れが詰まって角栓ができやすくなってしまいます。

皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰に分泌されると、排出しきれなかった皮脂は毛穴に詰まり、角質のかけらや産毛、汚れなどが付着することによって角栓になります。皮脂はホルモンバランスの乱れや肌の乾燥、脂質の多い食事などでも分泌量が増えますから、角栓を予防するには生活習慣の改善も必要です。

角栓を放置するとどうなる?

角栓をそのままにしていると、肌にさまざまなトラブルが現れます。ここからは、角栓によって引き起こされる肌トラブルをご紹介します。

乾燥してゴワゴワした肌触りに

角栓を放置していると、後から出てきた角質と皮脂が次々に詰まり、押し出された角栓がつながるなどして大きく成長します。排出されずに詰まった角質は、水分が少なく乾燥しているため、肌自体が硬化してゴワゴワとした手触りになるでしょう。

肌がくすむ

肌のみずみずしさや透明感は、滑らかな肌が光を反射することによって出るものです。しかし、放置した角栓が成長して厚くなると、角質がはがれ落ちて薄くなった部分との差が目立ち、表面がでこぼこに。均一でない肌には光がうまく反射しないため、透明感を失ってくすんで見えてしまいます。角栓によって肌の表面がでこぼこしていると、ファンデーションが上手にのらなかったりよれたりと、メイクののりも悪くなります。

毛穴が開き、酸化した角栓が黒ずみに

成長した角栓は毛穴を押し広げ、毛穴そのものを大きくします。さらに、時間が経つと酸化して黒ずみ、毛穴がポツポツと目立つ「イチゴ鼻」と呼ばれる状態に。メイクを厚くしても隠しにくく、コンプレックスに感じる人もいるでしょう。しかも、黒ずみ毛穴を隠そうとしたメイクが肌に残り、さらに角栓を悪化させるなど、悪循環に陥る可能性もあります。

イチゴ鼻についてはこちらの記事もご覧ください。
気になるイチゴ鼻。正しいケアで目指すは毛穴レスな鼻!

ニキビができやすくなる

ニキビの原因は、毛穴に皮脂が詰まったり、詰まった毛穴の中で炎症を起こしたりすることです。角栓は毛穴を詰まらせるものですから、放置しているとニキビを繰り返したり、悪化したりしてしまう可能性があります。

ニキビについてはこちらの記事もご覧ください。
そのニキビケアで大丈夫?ニキビのNGと正しい対処法

角栓をなくしたい人のケア


放置すると見た目が気になるだけでなく、肌に悪影響を与える角栓。続いては、角栓をなくしたい人のための正しいケア方法をご紹介します。

メイクは早めに落とす

外出から家に帰るとほっとして、ついだらだらしてしまいがち。ですが、角栓のないきれいな肌を目指すなら、メイクはできるだけ早くクレンジングすることを心掛けましょう。メイクとなじみやすく、角栓を溶かし出してくれるオイルタイプのクレンジングがおすすめです。

洗いすぎ、こすりすぎをやめる

目立つ角栓を取ろうとごしごしこすったり、何度も洗ったりするのは逆効果。肌への負担が大きく、乾燥を招いて角栓を悪化させます。洗顔料をしっかり泡立てて、泡を肌の上で転がすようにやさしく洗い、やさしくすすぐことがポイントです。

洗顔料を使って洗顔する

「朝は水だけ洗顔」「汚れていないから水で十分」などという人もいますが、角栓につながる皮脂や古い角質は水だけでは落ちません。必ず洗顔料を使って洗いましょう。洗顔料を使うとつっぱる場合は、よりやさしい成分の洗顔料を選んだり、Tゾーンやあごなど皮脂分泌が多い部分のみ洗顔料をのせたりしてみてください。

洗顔前にホットタオルで角栓をゆるめる

洗顔前にホットタオルを顔にあて、肌を温めると毛穴が開き、詰まった角栓を取りやすくなるでしょう。使った後は肌が柔らかくなっているので、化粧水の浸透率がアップする効果も期待できます。ホットタオルは熱めのお湯に浸して絞ったり、濡らしたタオルを電子レンジで温めたりして作れますが、やけどしないよう、温度を確かめてから顔にのせてください。

紫外線ダメージを防ぐ

紫外線というと夏の強い日差しを思い浮かべますが、実際は季節や天候を問わず降り注いでいます。不用意に紫外線を浴びると、角栓の原因のひとつであるターンオーバーの乱れにつながるため、一年を通した紫外線ダメージ対策はとても重要です。
紫外線はコラーゲンやエラスチンといった、肌のハリやみずみずしさを保つ成分を壊し、弾力を失わせます。すると、肌がたるんで毛穴を押し広げ、角質のつまりを誘発する原因に。日焼け止め、日傘、UVカット効果のある上着などをうまく組み合わせて、紫外線から肌を守りましょう。

しっかり保湿する

肌が乾燥すると、肌はより水分が失われるのを防ごうと皮脂を分泌します。過剰に分泌した皮脂が角栓の原因になりますので、乾燥は角栓の大敵。夜だけでなく、メイク前の朝もしっかり保湿して、肌から水分が失われるのを防ぎましょう。できれば、昼間もミスト状化粧水などを手元に置いて、こまめに保湿することをおすすめします。

低刺激のピーリングを取り入れる

ピーリングは、固くなった古い角質を緩めて除去するケア方法です。毛穴の詰まりを解消するだけでなく、肌のターンオーバーサイクルを整える効果も期待できます。ピーリングをした後は肌の手触りがツルツルに変わって、化粧水や乳液の浸透も良くなるでしょう。
毎日やりたくなってしまうかもしれませんが、肌に与える負担を考えて、週に1度か2度のスペシャルケアにとどめてください。ピーリング剤も、なるべく低刺激で保湿成分が入っているアイテムを選ぶことが大切です。

これはNG!間違った角栓ケア


角栓ケアには、よかれと思って取り組んで、かえって悪化させてしまう方法が存在します。先にご紹介した正しいケアの効果を損なわないためにも、絶対に避けるようにしましょう。
ここでは、角栓ケアでよくあるNG例を、3つご紹介します。

過度なクレンジングや洗顔

角栓を取りたいと思うあまり、強くこするようにクレンジングをすると、肌に必要以上の刺激が加わって乾燥のもとに。角栓はこすって取れるものではありません。クレンジングはあくまでも表面のメイクを落とすものと考えて、「やさしく丁寧に」を心掛けましょう。
また、何度も顔を洗うことも、必要な肌のうるおいを奪って乾燥を誘発します。さらに、失ったうるおいを取り戻そうと肌が過剰に皮脂を分泌するようになり、角栓をさらに悪化させる可能性もあるでしょう。クレンジングも洗顔もケアも、肌にさわるときは「やさしく」が鉄則です。

爪で押し出したりピンセットでつまんだりする

クレンジングや洗顔の後、肌表面に飛び出した角栓は、つい指や爪でぎゅっと押して無理矢理押し出すのはNG。ピンセットでつまんで押し出そうとするのも同じです。肌を爪やピンセットで強く圧迫すると周囲の肌にもダメージを与えるほか、かえって毛穴を広げる場合もあります。

角栓用のはがすパックをする

肌に貼ってはがすことで、毛穴の黒ずみや角栓をくっつけて取り除く、角栓用の毛穴パック。角栓に悩んだことがある人なら、一度は使ったことがあるアイテムではないでしょうか。
しかし、はがすパックは、その粘着力でグッと角栓を引っ張って取るもの。角栓だけにピンポイントで貼りつけるのは難しく、毛穴の周りの肌にも大きなダメージを与える可能性があるため、あまりおすすめできません。

今だけでなく今後も見据えて「詰まらないケア」を

目立つ角栓があると、鏡を見るたびに憂鬱になるものです。「すぐ取り除きたい!」と思って押したりつまんだりしてしまいますが、今ある角栓を取り除くだけでは本当の解決にはなりません。
本当にきれいな肌を目指すなら、「今」だけでなく「これから」を見据えて、基本的なケアを正しく続けましょう。

基礎化粧品会社イービーエムが展開する全国の「スキンケアスタジオ」では、お一人おひとりの肌や体質に合った化粧品をベースに、心を込めた美と健康の「手あて」をいたします。肌やスキンケアでお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。