お肌のお悩み・肌トラブル

シミ対策は万全?肌にできるシミの種類と原因、対策法を解説します

この記事は、 7 分で読めます。

いきいきと輝く素肌は女性の憧れです。しかし、「気づいたら肌にシミができてしまった」「気になるシミを何とかしたい」と悩む人は少なくありません。シミのケアと予防のためには、シミができる原因をしっかりと知ることが大切です。
ここでは、シミの種類別の原因と、日常の中でできる対策法について解説します。

シミは黒色メラニンが過剰に蓄積した状態のこと

シミとは、皮膚内で作られる黒色の「メラニン」という色素が沈着したものを指します。肌に黒色メラニンが蓄積し、部分的に地肌の色よりも濃く見えるため、肌に黒ずみができているように見えるのです。シミができると肌がくすんで見えたり、老けた印象になったりしてしまいます。

そもそも、シミはどうしてできるのでしょうか。まずは、肌にシミができてしまう仕組みについて知っておきましょう。

黒色メラニンの役割

黒色メラニンはシミのもとになるため、肌にとってよくないイメージを持つ人が多いかもしれません。しかし実は、黒色メラニンには、紫外線によるダメージから肌を守る役割があります。

皮膚が紫外線を浴びると、メラノサイト(メラニン形成細胞)に信号が送られ、黒色メラニンが生成されます。そして、黒色メラニンを含む表皮細胞によってバリア機能が形成され、紫外線による肌ダメージを防ぎます。つまり、黒メラニンは、紫外線の刺激から肌の細胞をガードする存在なのです。肌トラブルや皮膚がんなどの病気を防ぐために欠かせない、大切な物質といえます。

黒色メラニンが過剰に蓄積される仕組み

では、本来肌を守る働きを持つ黒色メラニンが、なぜシミのもとになってしまうのでしょうか。
肌の細胞は、ターンオーバーと呼ばれる一定のサイクルで生まれ変わっています。古くなった肌表面の角質が新しい表皮細胞に押し上げられて自然とはがれ落ちるのですが、このターンオーバーが正常に働いていれば、紫外線を浴びて作られた黒色メラニンも、細胞とともにはがれ落ちます。

しかし、強い紫外線を浴びると、メラノサイトの数が増え、黒色メラニンがたくさん作られてしまいます。また、長時間にわたる紫外線の浴びすぎやストレス、疲労、睡眠不足などによってターンオーバーのサイクルが乱れると、黒色メラニンの生成と排出のバランスが崩れ、肌に蓄積されてしまいます。この肌に残ってしまった黒色メラニンが、シミの原因となるのです。

■シミができる仕組み

シミの種類と特徴

一口にシミといっても、大きくは加齢や遺伝など4つの種類に分かれ、それぞれ下記のように原因や特徴が異なります。

エイジングスポット(老人性色素斑):紫外線の影響でできるシミ

シミの中で最も多いタイプが「エイジングスポット(老人性色素斑)」です。
年齢を重ねて浴び続けてきた紫外線の影響でできるため「日光性黒子(にっこうせいこくし)」ともいわれます。円形の茶色いシミが左右バラバラにできるのが特徴で、大きさや濃さはさまざまです。初めは薄茶色ですが、年齢とともにだんだん濃くなり、地肌との境界線もはっきりしてきます。30代以降から現れることが多いものの、人によっては20代で見られる場合もあります。

そばかす(雀卵斑):遺伝的要因、紫外線の影響でできるシミ

頬から鼻にかけて左右対称にできる、粒状の小さなシミが「そばかす」です。スズメの卵の殻の模様に似ていることから、「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれます。
そばかすは1つ数mm程度の小さな斑点で、色白の人にできやすいといわれています。遺伝的な要因によるもので、早ければ5~6歳頃からでき始め、思春期になるにつれて濃くなっていくのが特徴です。紫外線を浴びることで濃くなる場合もあり、春から初夏にかけて目立ちやすくなる傾向があります。

肝斑:女性ホルモンの変化でできるシミ

「肝斑(かんぱん)」は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因でできるシミです。
主に頬骨の高い部分に、境界がはっきりしないもやもやしたシミが左右対称に現れます。できやすい年齢は30~40代で、妊娠や出産といった女性ホルモンのバランスの変化がきっかけでできることが多いといわれています。また、ストレスの影響などでホルモンバランスが崩れると、色が濃くなることもあるのが特徴です。年齢を重ねるにつれて次第にできにくくなり、閉経後は目立たなくなることが多いです。

炎症後色素沈着:ニキビなど炎症後の色素沈着でできるシミ

「炎症後色素沈着」は、ケガやニキビ、虫刺されなどによる炎症の後に、色素沈着してシミになったものです。
炎症後色素沈着は顔のどこにでもできるシミで、地肌との境界線がわかりにくく、色調にもムラがあるのが特徴です。多くの場合は時間の経過とともに自然に消えていきますが、紫外線を浴びたりターンオーバーが乱れていたりすると、濃く残ってしまうおそれがあるため注意が必要です。

今日から実践!シミの対策法

シミができる原因がわかったら、次は対策法を知って、シミを予防しましょう。ここでは、シミの対策法を4つご紹介しますので、できてしまったシミを減らすためにも今日から実践してみてください。

1 紫外線対策を行う

シミの最も大きな原因として挙げられるのが紫外線で、4種類のシミのどれにも悪影響を及ぼします。
シミ予防の第一歩は紫外線対策から。外出時には日焼け止めクリームをはじめ、日傘や帽子などを活用し、肌を紫外線から守るようにしましょう。
紫外線量は夏に多いと思われがちですが、実は、春先から初夏にかけての時期も、夏とあまり変わらない量の紫外線が降り注いでいます。また、秋冬や天気の悪い日でも、紫外線がなくなるわけではありません。特に、紫外線のうち波長の長いUV-Aは、曇り空やガラスも通過します。季節を問わず、1年を通して紫外線対策を心掛けましょう。

2 正しいスキンケアを行う

肌が乾燥していると、紫外線や摩擦などに対するバリア機能が低下してしまいます。肌のバリア機能が低下するとメラニンの生成が活発になり、シミができやすくなるため、日頃からしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。化粧水や乳液、クリームを使ったスキンケアで、肌の乾燥を防ぎましょう。
また、スキンケアの際に気をつけたいのが、肌に刺激を与えすぎないこと。メイク汚れをきちんと洗い落としていなかったり、洗顔の際にゴシゴシこすったりしすぎると、肌に刺激を与え、かえってシミをできやすくしてしまいます。

3 規則正しい生活習慣を送る

ターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンがうまく体外に排出されず、肌に蓄積してシミになってしまいます。ターンオーバーの乱れを引き起こす原因は、紫外線や加齢、乾燥、睡眠不足、運動不足、偏った栄養バランス、ストレスなどさまざまです。
ターンオーバーを整えるために最も手軽に実践できるのが、生活習慣の見直しです。栄養バランスのよい食生活や良質な睡眠、適度な運動などを心掛け、規則正しいターンオーバーを促しましょう。

4 シミに効果的な栄養素の摂取や化粧品を取り入れる

シミの緩和や予防を目指すなら、シミ対策に効果的な栄養素を積極的にとるようにしましょう。
代表的なものが、ビタミン類です。黒色メラニンの生成を抑える働きのあるビタミンCや、ターンオーバーの正常化を促すビタミンB2、血行を促し肌のターンオーバーをサポートするビタミンE、メラニン排出に働きかけるビタミンAといったものがあります。また、活性酸素の作用を抑えるフラーレンなどを含む基礎化粧品によるスキンケアも効果的です。

シミの原因を知って効果的な予防と対策を行おう

肌にできたシミは、顔の印象を大きく左右してしまいます。気になるシミを防ぐには、紫外線対策やスキンケア、生活習慣の改善といった日々の対策がとても重要です。正しいケアを続けて、シミのできにくい肌を目指しましょう。

基礎化粧品会社イービーエムが展開する全国の「スキンケアスタジオ」では、お一人おひとりの肌や体質に合った化粧品をベースに、心をこめた美と健康の「手あて」をいたします。肌やスキンケアでお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。