お肌のお悩み・肌トラブル

気になるイチゴ鼻。正しいケアで目指すは毛穴レスな鼻!

この記事は、 8 分で読めます。

顔の中央にある鼻は、顔全体の印象を大きく左右するパーツのひとつです。同時に、毛穴の汚れや黒ずみが目立つ、少々厄介な面も。鼻の毛穴の黒ずみは、果物のイチゴの種に似ていることから「イチゴ鼻」と表現され、かわいらしい呼び名ですが、多くの人を悩ませています。
ここでは、なぜイチゴのような黒ずんだ毛穴になってしまうのか、どのようなケアが解消のカギとなるのか解説します。

イチゴ鼻の黒いつぶつぶの正体は?


鼻にできる、イチゴの種のようなポツポツした黒ずみの正体は、毛穴をふさぐ角栓です。角栓のもとになっているのは、主に皮脂や角質、産毛など。毛穴の奥で皮脂が過剰に分泌されると、毛穴からスムーズに排出されず、溜まって毛穴詰まりを起こします。
詰まった皮脂は毛穴を押し広げ、毛穴いっぱいに詰まった皮脂にはがれ落ちた角質や産毛などが混ざることで角栓ができ、黒ずんで見えるようになるのです。
しかし、イチゴ鼻になる理由はそれだけではありません。

角栓以外にも毛穴が目立つ理由はある

毛穴を目立たせる要因は、詰まった角栓以外にも日焼けが考えられます。紫外線を浴びて毛穴の入り口でメラニン色素が過剰に生産され、色素沈着を起こすことで毛穴が黒ずんで見えるケースも。
また、頬でもよく見られるケースですが、加齢などによって毛穴がたるむことで毛穴が開き、影になって黒ずんで見える場合があります。ほかにも、角栓ができていなくても、黒い産毛が黒ずみに見えてしまう場合もあるようです。

イチゴ鼻解消のためにしてはいけないNGケア例


イチゴ鼻が気になって、メイクを厚塗りして黒ずみを隠そうとしたり、角栓を無理に取り除こうとしたり、自己流で対処している人も多いようです。その中には、イチゴ鼻を解消するどころか、悪化させてしまう方法が含まれているかもしれません。
そこで、まずはイチゴ鼻の対処法としてやってはいけないNG例をご紹介します。

角栓を指やプッシャーで押し出す

イチゴ鼻が気になったとき、指で毛穴の周りを押して角栓を押し出したことがある人は多いのではないでしょうか。角栓が出る瞬間の快感もあり、ついついやってしまいがちですが、この対処法はNG。毛穴周りの肌を傷つけてしまう上に、毛穴をより広げてしまう可能性があります。
毛穴を押すプッシャーなども市販されていますが、自己流で押し出すことは避けたほうが無難です。

メイクを塗り重ねて毛穴を隠す

イチゴ鼻の部分にコンシーラーやファンデーションを厚く塗ってカバーするのは、一時的に隠すことができても、逆効果になる可能性が大。広がった毛穴にファンデーションなどが入り込み、毛穴を余計に詰まらせ、目立たせてしまいます。
さらに、ファンデーションに含まれる油分にほこりなどが付着し、毛穴の詰まりを加速させる可能性もあるでしょう。

スクラブ洗顔やはがす鼻パックで角栓を取る

毛穴の汚れをきれいにしたいとき、選択肢に挙がるのがスクラブ入りの洗顔料ではないでしょうか。しかし、スクラブの入った洗顔料は肌への摩擦が大きいため、毎日のケアとしてはおすすめできません。
鼻に貼りつけてはがすタイプのパックも、洗顔で落とせない毛穴の角栓を取り除けるとして人気ですが、肌への刺激が強く、毛穴だけでなく周囲の皮膚まで炎症を招くおそれがあります。また、鼻パックでは表面はきれいにできても、毛穴の奥まで詰まった角栓を取り除くのは難しいもの。毛穴が開いて、イチゴ鼻を悪化させるデメリットのほうが大きいため、避けてください。

必要以上に洗う・強い洗顔料を使う

毛穴が汚れているからといって必要以上に顔を洗っても、毛穴の奥の角栓は取り除けません。それどころか、摩擦が肌への負担となる上に、必要な水分が奪われることでうるおいを補おうと、余計に皮脂が分泌されてしまいます。また、乾燥することで皮膚の角層が厚くなり、古い角質が毛穴に詰まる原因にも。そうなると当然、よりイチゴ鼻を悪化させてしまうことになります。洗浄力が高い洗顔料も刺激が強く、同様の理由でNGです。

イチゴ鼻の正しいスキンケア

気になるイチゴ鼻を解消するために、どのようなケアが効果的なのでしょうか。イチゴ鼻を解消、もしくはイチゴ鼻を作らないために重要なことは、洗顔も含めた毎日のスキンケアを正しく行うことです。
続いては、イチゴ鼻を解消するための、正しいスキンケア方法をご紹介しましょう。

メイク落としを使ってメイク汚れや皮脂を溶かし出す

メイクをした日は、できるだけ早めにメイクオフを心掛けましょう。肌への刺激が少ないクレンジング剤を選んでください。
適量を使ってやさしく丁寧にメイクとなじませ、汚れや皮脂を毛穴の奥から浮かせて溶かし出します。指の腹で円を描くようにメイクとクレンジング剤をなじませるのが効果的ですが、こすらないように肌の上を滑らせるのがコツです。

きめ細かな泡をたっぷりと使ってやさしく洗顔

クレンジングの後は、必ず洗顔を。ダブル洗顔が不要なクレンジング剤もありますが、そうでない場合は洗顔料を使った洗顔が必要です。
洗顔料はクレンジング剤と同様、できるだけ肌への刺激が少ないものを選び、きめ細かな泡をたっぷりと作ります。イチゴ鼻を含む、皮脂の分泌が多いTゾーンに泡を置き、直接手でふれてこすらないよう、肌の上で泡を滑らせるイメージで汚れを浮かせてください。たっぷりの泡を使って、こすらないように注意しながら洗いましょう。
洗い流す際は36℃前後のぬるま湯で、洗顔料を肌に残さないようにしっかり洗い流しましょう。洗顔後に顔を拭くときもゴシゴシこすらず、タオルをやさしく肌に押し当てるように水分を取ります。

ピーリングなどのプラス対策を取り入れる

クレンジングや洗顔をしてもイチゴ鼻が気になる場合は、プラスの対策も効果的。洗顔後、拭き取り化粧水を使えば、肌に残った汚れの除去に役立ちます。この際、強くゴシゴシ拭き取るのは絶対にNG。拭き取り化粧水をたっぷりとコットンに含ませて、できる限り摩擦を抑えてやさしく拭き取ることを心掛けてください。
また、ピーリング剤を上手に取り入れるのもいいでしょう。ただし、角栓を取り除きたいからといって、過度に使うと肌を痛め、毛穴をより開かせてしまいます。肌にやさしい成分が配合されているかチェックし、使用法を守ってケアしてください。

化粧水で保湿後は美容液や乳液、クリームで肌のバランスを調整

肌が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。イチゴ鼻を繰り返さないためにも、皮脂の分泌をコントロールすることはとても重要。洗顔後は時間を置かず、すぐ保湿することを心掛けましょう。
化粧水は肌に合ったものを選びますが、しっかりとうるおいを与え、開いた毛穴を引き締めたい場合は、セラミドやエラスチンなどが配合された化粧水がおすすめです。化粧水は惜しみなくたっぷりと手に取り、ハンドプレスして肌に浸透させます。化粧水の後は必ず美容液や乳液、クリームなどを使って、水分と油分のバランスを整えてください。ベタつくからといって乳液やクリームを使わないと、結果的に乾燥を招き、皮脂の過剰分泌につながります。

ホットタオルで毛穴を開く

イチゴ鼻の解消のためには、毎日でなくても週に1~2回、ホットタオルを使うこともおすすめです。
メイクを落としたら、洗顔の前にホットタオルで肌を温めて毛穴を開いておくと、洗顔で不要な皮脂や角栓を落としやすくなります。ホットタオルは、濡らしたタオルをぎゅっと絞り、電子レンジで30秒~1分程度温めれば出来上がり。かなり熱くなっているので、取り出すときは注意が必要です。やけどしないように熱すぎない程度まで冷ましてから、手で必ず温度を確かめて顔にのせてください。
湯船に浸かって身体を温めながら、タオルを顔にあてて毛穴をほぐすのもいいでしょう。

イチゴ鼻の解消には生活習慣の改善も重要


イチゴ鼻は間違ったスキンケアが原因のひとつですが、解消するためには生活習慣の改善も必要です。
続いては、イチゴ鼻をケアするために、普段の生活の中でどのような心掛けが大切なのか、見ていきましょう。

十分な睡眠時間と質の高い眠りを確保する


洗顔やスキンケアは、いわば「外側から」のケア。イチゴ鼻を解消し、繰り返さないためには、内側からのアプローチも大切です。肌は、一定期間に「ターンオーバー(肌の新陳代謝)」をすることで、すこやかに美しく保たれます。ターンオーバーがうまくいかないと、当然ながら肌の調子は崩れ、イチゴ鼻やニキビなど、さまざまな悩みを引き起こします。
正常なターンオーバーのためのポイントとして挙げられるのが睡眠です。肌は、夜眠っている最中に細胞分裂し、ダメージを再生します。睡眠時間を十分確保し、質の高い眠りを心掛けてください。

お風呂やストレッチなどでストレスをリセット

ストレスの多い生活は、肌のターンオーバーが乱れる一因です。ストレスが続いていると、自律神経のバランスが乱れ、過剰に皮脂が分泌される原因にも。
一日の終わりにゆっくりとお風呂に入って心身をほぐしたり、ストレッチやアロマを取り入れたりと、生活の中でストレスをリセットできるように工夫してみましょう。

脂質・糖質をとりすぎず、ビタミン類を積極的に

脂肪分や糖分のとりすぎは、過剰な皮脂のもととなるので注意してください。かといって、まったくとらないと栄養バランスが偏り、肌の健康を損なうので、バランスよい食事を心掛けることが大切です。
ビタミンB2やビタミンB6などのビタミンB群は、皮脂の分泌量を適度にコントロールし、肌のターンオーバーにとっても不可欠な栄養素です。また、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンAも、正常なターンオーバーのために積極的にとりたいもの。
イチゴ鼻改善のためには、ビタミン類が多く含まれる食品を積極的にとることを意識してください。

毎日のケアを正しく続けるのがイチゴ鼻解消のカギ

気になるあまり、無理矢理押し出したり、ゴシゴシ洗ったりと、自己流でケアしようとしがちなイチゴ鼻。誤ったケアはイチゴ鼻を解消できないばかりか、悪化させてしまうリスクがあります。
ケアには即効性を求めがちですが、焦らず丁寧なスキンケアを続けることがイチゴ鼻解消の最大のカギです。生活習慣も見直しながら、毛穴レスな美しい鼻を目指していきましょう。

基礎化粧品会社イービーエムが展開する全国の「スキンケアスタジオ」では、お一人おひとりの肌や体質に合った化粧品をベースに、心をこめた美と健康の「手あて」をいたします。肌やスキンケアでお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。