お肌のお悩み・肌トラブル

化粧水をつけるベストタイミングは?適切な使い方や注意点を解説

すこやかな肌を保つために、日々のスキンケアで欠かせないのが化粧水です。肌に水分を補い、滑らかに整えるのが化粧水ですが、つけるタイミングや使い方を誤ると、効果を十分に発揮できません。正しいタイミングで化粧水をつけることが、美しい肌を目指すための第一歩です。

ここでは、化粧水を使う適切なタイミングや使い方について、詳しくご紹介します。

化粧水の役割

毎日のスキンケアで当たり前に使用している化粧水ですが、そもそもどのような役割を担っているのでしょうか。

化粧水の一番の役割は、肌にうるおいを与えて柔らかく整えること。一般的な化粧水の70~80%を占める主成分は水(精製水)で、残りが美容成分や機能・安定性を維持するための成分です。化粧水を使うメインの目的は肌の水分補給であることが、主成分からもわかるでしょう。化粧水で水分を補うことで肌のキメが整い、化粧水の後につける美容液やクリームが浸透しやすくなります。

化粧水の種類や役割についてはこちらの記事もご覧ください。
今さら聞けない化粧水の役割とは?効果的な使い方や選び方を解説

スキンケアの流れと化粧水をつけるベストタイミング

洗顔後の肌は毛穴が開いて皮脂が少ない状態で、すぐに水分が蒸発してしまいます。できるだけ早く化粧水で水分を与えなければなりません。

ここでは、朝のスキンケアの基本的な流れと、化粧水をつけるベストタイミングを紹介します。

1. 洗顔で肌の汚れを落とす

朝のスキンケアは、洗顔で肌の汚れをきちんと落とすことから始めます。夜にしっかりスキンケアしてから寝ても、就寝中に皮脂や汗、ほこりなどが肌に付着し、朝の顔は意外と汚れがちです。
汚れが肌に残った状態でスキンケアをすると、スキンケアの効果が現れ表れないばかりか、肌トラブルの原因となることも。スキンケアの前に、しっかりと洗顔してください。朝はお湯だけ洗顔の人も多いですが、できるだけ洗顔料を使うことをおすすめします。乾燥が気になる人は、朝はマイルドな洗顔料を選びましょう。

2. すぐに化粧水をつける

洗顔したらすぐに水分補給ができるように、洗面台に化粧水を用意しておいてください。清潔なタオルを押し当てるようにして水分を取り除き、手で化粧水を顔全体につけます。
コットンを使う場合は、化粧水の量をケチらないことと、こすらないようにすることがポイント。手の場合もコットンの場合も、最後はハンドプレスで化粧水を浸透させてください。

3. 美容液やクリームで蓋をする

化粧水をつけたら、美容液やクリームなどの油分が多いアイテムで蓋をして、水分が逃げないようにしましょう。
スキンケア後にメイクする場合は、クリームをつけてから10分程度の時間を置くと、保湿成分がしっかりと浸透し、メイクが崩れにくい肌に整います。乾燥しやすい目元や口元もメイクののりがよくなるため、メイク前は時間に余裕を持ってスキンケアを行うことをおすすめします。

夜のスキンケアで化粧水をつけるタイミング

夜のスキンケアは、メイクをしている場合は先にクレンジングが必要ですが、基本的に朝のスキンケアと同様の流れで行います。
入浴の際にクレンジングと洗顔を行い、入浴後すぐに化粧水をつける流れがベスト。お風呂から上がると肌は急激に乾燥し始めるため、すみやかに保湿してください。肌が温まっていると、化粧水が浸透しやすいです。

汗をかいていると化粧水が弾かれたり流れたりする可能性があるため、入浴後に汗が引かない場合は、導入美容液やスプレー化粧水で「プレ保湿」をしてから、化粧水をつけるのがおすすめです。一度化粧水をつけてから、汗が引いたタイミングで再び化粧水をつけるのもいいでしょう。
過剰な皮脂や毛穴が気になる場合は、仕上げに収れん化粧水を使うと、うるおいを与えつつ肌を引き締める効果が期待できます。

化粧水の使い方についてよくある疑問

ここでは、化粧水を使うにあたってよくある質問とその回答をまとめました。化粧水のつけ方や使用量などについてわからないときは、参考にしてみてください。

Q 化粧水をつけるのは手?コットン?

化粧水を手とコットンのどちらでつけるか悩んだときは、スキンケアの目的に合わせて選びましょう。コットンは繊維や摩擦が肌に刺激となることがあるため、化粧水は手でつけたほうが肌への負担は抑えられます。角質ケアやパックをするときはコットン、それ以外は手がおすすめです。

・手のほうが肌への負担が少ない

適量の化粧水を手のひらに取り、両手のひらに広げて軽く温めてから顔につけます。一気につけず、2~3回に小分けにすると浸透しやすくなります。
最後に顔全体をハンドプレスして、肌に水滴が残らっておらず、しっとりと吸いつくような手触りになったら化粧水が浸透したサイン。まだうるおいが足りないと感じる場合は、気になる部位に化粧水を追加してください。

・コットンを使うときは化粧水をケチらない

コットンで化粧水をつける場合は、ケチらずたっぷりと使うことが大切です。化粧水が少ないと、肌を摩擦してしまい、刺激になることも。コットンがひたひたになるくらい染み込ませてください。
コットンで化粧水をつける場合、あごや鼻、目元などの細かい部分は、コットンを折り曲げるとなじませやすくなります。コットンの場合も、最後はハンドプレスして浸透させましょう。

Q 化粧水の使用量はどのくらい?

化粧水の量は、基本的には化粧水のボトルやパッケージに記載されている使用量に従ってください。アイテムによって適切な使用量が異なるため、必ず確認した上で使用します。使用量がわからないときは、「500円玉大」が目安です。肌の感覚としては、化粧水とつけた後に肌が手に吸いついてくる感覚があればいいとされています。
しかし、これはあくまでも目安ですから、天候や季節、肌の状態などによって、物足りなく感じる場合は目安の使用量にプラスしてください。

Q 化粧水をつけたら、すぐに次のアイテムを使っていい?

化粧水をつけて、すぐに美容液や乳液、クリームなどのアイテムを使ってよいのか悩む人は多いでしょう。
美容液やクリームなどは、化粧水が肌になじんでから使います。化粧水が浸透していないうちに油分の含まれるアイテムをつけると、水分と油分が混ざって浸透しにくくなってしまうためです。

Q どうなったら化粧水が浸透しているの?

浸透してから次のアイテムを使うといっても、どういう状態になれば化粧水が浸透しているのでしょうか。化粧水をつけてから手のひらで頬を包むようにさわってみて、肌が濡れているのであればまだ浸透していない状態です。しっとりと肌が手に吸いついてくれば、浸透したサインです。
化粧水は1~3分程度を目安に浸透しますが、肌の状態によっても変わるため、さわって確認してください。3分経っても肌がびしょびしょの場合は、化粧水が導入しにくい状態の肌になっていると考えられます。導入化粧水や導入美容液といったブースターの使用も検討しましょう。

化粧水をつけるタイミングや使用量を見直してみよう

毎日、何気なく使っている化粧水ですが、適切な使い方があり、つけるポイントを押さえることで保湿効果がより高まります。使用している化粧水の使い方や使用量を今一度確認し、ベストなタイミングで使いましょう。

基礎化粧品会社イービーエムが展開する全国の「スキンケアスタジオ」では、お一人おひとりの肌や体質に合った化粧品をベースに、心を込めた美と健康の「手あて」をいたします。肌やスキンケアでお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。