お肌のお悩み・肌トラブル

毛穴吸引の効果とは?毛穴吸引器の注意点とエステサロンとの違い

小鼻や頬の、ポツポツとした黒ずみ毛穴。洗っても落ちず、メイクでも隠しにくいとあって、悩んでいる人は多いでしょう。そこで、毛穴の汚れを吸引して落とす、毛穴吸引を検討している人もいるのではないでしょうか。
とはいえ、家庭用の毛穴吸引器もエステサロンの施術も、決して安価なものではありません。本当に効果があるのか、デメリットはないのかなど、興味はあっても悩んでいる人に向けて、毛穴吸引の効果について解説します。

毛穴の汚れを吸い取る毛穴吸引

毛穴の黒ずみは、放っておいても改善しません。しかも、毛穴に蓄積した汚れは、通常のクレンジングやスキンケアで改善するのは至難の業です。
そこで検討したいのが、毛穴に詰まった角栓や皮脂の汚れを、空気を吸う力で吸い取る毛穴吸引です。エステサロンで行う毛穴吸引の施術のほか、家庭用の毛穴吸引器で手軽に行うこともできます。
手や毛抜きなどを使って角栓を押し出すと肌を傷つけるおそれがありますが、施術を受けたり毛穴吸引器を使ったりすることで、肌を傷めずにケアできるでしょう。

毛穴吸引の効果

毛穴吸引をすると、肌にはどのような効果があるのでしょうか。毛穴吸引で得られるメリットを挙げてみました。

普段のケアで落ちなかった毛穴の汚れを落とせる

毛穴吸引は専用のマシンを使い、毛穴に詰まった汚れを掃除機のように吸い出して取り除きます。普段のクレンジングや洗顔で取り除けるのは表面の汚れだけですが、毛穴吸引なら毛穴の奥の汚れまでしっかり除去でき、黒ずみ毛穴や角栓の詰まりを解消します。
ポツポツと黒ずんで見えた毛穴の詰まりが解消され、角栓が盛り上がって起こる肌のざらつきがなくなり、滑らかな肌を取り戻すことができるでしょう。ニキビの原因となる雑菌は、毛穴の角栓や皮脂をエサに増殖するため、取り除くことでニキビ予防の効果も期待できます。

皮膚を傷めずに毛穴をケアできる

毛穴の黒ずみを解消するためのセルフケアとしては、ピンセットや毛抜きなどでつまんで引っ張ったり、はがすタイプの毛穴パックを使ったりするのが一般的です。毛穴に角栓が詰まっている場合、つい素手で押し出してしまう人もいるでしょう。
こうした方法は、その瞬間は詰まりが解消したように見えますが、肌にダメージを与えるのがデメリット。肌を引っ張ったりこすったりすることで、たるみやシワ、シミ、乾燥などの肌トラブルを引き起こす可能性があります
エステで使う毛穴吸引マシンは、ホースの先端についたガラス管を毛穴にあてるだけなので、肌に負担をかけません。家庭用の毛穴吸引器を使って自身でケアをする場合は、力加減やあてる時間によって肌を傷める可能性があるので注意してください。

毛穴吸引が向かないのはどんな人

毛穴の悩みを解消してくれる毛穴吸引ですが、中には施術に向いていない人もいます。下記に該当する人は、家庭用毛穴吸引器の自己判断での使用は避けましょう。
どうしても毛穴が気になる場合は、エステなどでプロに相談してから行うことをおすすめします。

敏感肌の人

敏感肌の人は、セルフケアでの毛穴吸引は避けたほうがいいでしょう。毛穴吸引は、毛穴の汚れを物理的に解消するものです。ちょっとしたことでトラブルを起こしやすい敏感肌には、毛穴吸引は刺激が強いです。
毛穴吸引器は肌に直接機器をあてて毛穴の汚れを吸い出すため、多少なりとも刺激があるのは事実。思わぬ肌トラブルを招くことがあるので、毛穴吸引ではなく敏感肌をいたわるケアが優先です。
どうしても家庭用の毛穴吸引気器を使う場合は、小さな出力から試し、痛みや赤みなどがあれば、すぐに使用を中止します。エステサロンの場合は、施術を受けられるか相談してください。

ニキビや傷がある

ニキビなどの吹き出物や炎症、ひっかき傷、すり傷などがある場合は、毛穴吸引を行うことで症状が悪化する可能性があります。エステサロンで毛穴吸引を受ける場合は、該当部分を避けて施術してもらえますが、自分で行う場合は要注意です。
また、ニキビ以外にも赤みやほてりなど、いつもの肌の状態と異なる症状があるときは、毛穴吸引を控えましょう。肌が通常の状態に戻ってから、毛穴吸引を検討してください。

家庭で毛穴吸引器を使用する際の注意点

毛穴吸引をしたくても、エステに通うとなると金銭的に難しいという人もいるかと思います。家庭用の毛穴吸引器は比較的安価で、気になったときにいつでも使用できるのがメリットです。
ただし、使い方を間違えると効果が得られなかったり、肌トラブルを起こしたりする可能性も。ここでは、家庭用の毛穴吸引器を使うときの注意点を、手順に沿って見ていきましょう。

1. 使用前に説明書をしっかり読み込む

まずは、家庭用の毛穴吸引器の使用前に、説明書を読み込むことから始めてください。少しでも多くの汚れを吸い出そうとして強い力で押しあてたり、毎日のように使ったりすると、内出血など思わぬトラブルにつながる場合があります。
自己流の使用は避け、毛穴吸引器の推奨する使い方や使用頻度を十分に理解してからお手入れを始めましょう。

2. 下準備をする

毛穴吸引器は、肌をやわらかくし、十分に毛穴が開いた状態で使用するのがポイント。乾燥して毛穴が開いていない状態の肌にあてると、角栓が取りにくい上、肌を傷つける原因になります。
使用する前に、ホットタオルやスチーマーで肌を温めたり、入浴して温まったりして、毛穴を緩ませておきましょう。

3. 吸引しすぎは厳禁

毛穴吸引器で毛穴がきれいになるのを実感すると、何度も使いたくなったり、しつこい黒ずみを何としても取ろうとしたりしがちです。しかし、出力が弱い毛穴吸引器でも繰り返しあて続けると、肌を傷めてしまうことがあります。プロに吸引してもらうエステサロンと違い、家庭用の毛穴吸引器は使う人自身が注意しなければなりません。
自宅で毛穴吸引器を使用する際は、週に1回以下、1ヵ所につき3秒以内を目安にしてください。黒ずみが気になるからといって、同じところばかり吸引するのは禁物。色素沈着などのトラブルの原因になるため、まんべんなくあてることがポイントです。

4. 使用後はしっかり保湿する

毛穴吸引器を使用したばかりの肌は、皮脂が減少して乾燥しやすい状態です。そのままにしていると、乾燥してかえって皮脂量が増えたり毛穴が開いたりするため、使用後はすぐに化粧水を使って肌を保湿してください。
しっかりハンドプレスをして水分を入れ込んでから、乳液やクリームなどの油分で蓋をすれば、肌から水分が蒸発するのを防ぐことができます。

安全で効果の高い毛穴吸引で、黒ずみ毛穴を卒業しよう

黒ずみ毛穴があると、鏡を見るたびにテンションが落ち、自分の外見にも自信が持てなくなってしまいます。毛穴吸引で黒ずみを取り除き、黒ずみやざらつきのないキメのそろった肌を取り戻しましょう。
家庭用の毛穴吸引器を使って自宅で行うこともできますが、より安全に高い効果を得ようと思うなら、プロに任せるのが◎。肌の状態によっては毛穴吸引以外の方法が適している場合もありますので、自分に合ったケアを見つけるためにも、プロに相談することをおすすめします。

基礎化粧品会社イービーエムが展開する全国の「スキンケアスタジオ」では、お一人おひとりの肌や体質に合った化粧品をベースに、心を込めた美と健康の「手あて」をいたします。肌やスキンケアでお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。