お肌のお悩み・肌トラブル

50代のエイジングケアは何をする?スキンケアを見直すポイント

年齢とともに移り変わる肌の悩み。特に50代は、体の変化に伴って、これまで気にしたことがなかった肌の衰えが急に目立ち始める時期です。今までのスキンケアが物足りなく感じて、化粧水はどのようなものを使ったらいいのか、美容液は使うべきかなど、エイジングケアで悩み出す人も多いでしょう。
エイジングケアは、無理に年齢にあらがうことではなく、今の年齢に合ったケアを行うことです。ここでは、50代が取り入れたいエイジングケアについて解説します。

※美白:メラニンの生成を抑えシミそばかすを防ぐこと。
※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ。

50代の肌では何が起きている?

50代になって、これまでにない肌トラブルが気になり始めた人もいるのではないでしょうか。年齢を重ねることによって体にはさまざまな変化が起き、肌にも影響があります。50代の体では、大きく下記の3つのことが起きています。

女性ホルモンの減少

思春期頃から分泌され始め、成長とともに分泌量が増えていく女性ホルモン。女性の心や体の働きを調整し、血管や骨、関節などの働きをすこやかに保つほか、美しい肌を作る働きもあることはよく知られています。

しかし、女性ホルモンは40代半ばくらいから減少し始め、50代頃になって閉経を迎えると激減。加えて、コラーゲン、エラスチンといった美肌を保つたんぱく質も閉経前後で減少します。特に、肌内部でハリや弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンは、たるみやシワの発生に大きく関わる部分です。頬やまぶたのたるみのほか、目じりのシワやほうれい線などが気になり始めるのは、こういったことが原因でしょう。

皮脂や水分量の減少

女性ホルモンの減少により、50代の肌は皮脂量がぐっと減少します。さらに、それによって肌に水分を蓄えるバリア機能が低下し、水分量も減ってしまうのが50代の肌です。
バリア機能が低下すると、ちょっとした外部刺激でも敏感に反応してしまい、さまざまな肌トラブルが起きるでしょう。

ターンオーバーの遅れ

水分・油分のバランスがよく健康的な肌は、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」が一定のサイクルで行われています。ターンオーバーは、肌を形成する層の奥にある基底層で新たな細胞が作り出され、肌表面に向かって押し上げられて、表面にとどまっていた古い角質がはがれ落ちて生まれ変わるサイクルのこと。

20代でのターンオーバーのサイクルは約28日間ですが、50代になると約55日間と2倍程度になります。ホルモンバランスの乱れや乾燥、外部刺激などでもサイクルは乱れるため、50代はターンオーバーが不安定になる年代です。古いメラニンや角質がいつまでも残ってシミやくすみが目立ったり、ごわついたりといったトラブルが起きやすくなり、修復にも時間がかかるようになります。

50代のエイジングケアは何をするべき?

これまで守ってきた美肌をおびやかすような、さまざまな変化に見舞われる50代。加齢に負けない強く美しい肌を作るには、状態に合った正しいエイジングケアを取り入れることが大切です。ここでは、具体的なエイジングケアの例を挙げてみましょう。

高保湿成分が配合されたアイテムを選ぶ

30代、40代と使い続けてきたアイテムに物足りなさを感じる理由のひとつに、保湿成分の不足があります。50代は水分量も皮脂量も減少する年代ですから、高保湿のアイテムを取り入れてみてください。スキンケアアイテムを選ぶ際は必ず成分表示を確かめ、保湿に効果的とされるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が配合されたアイテムを選ぶことをおすすめします。

エイジングケア成分を配合しているアイテムを選ぶ

もうひとつ、スキンケアアイテムを選ぶ際に注目したいのが、エイジングケア成分が含まれているかどうかです。肌の悩みに合う配合成分をチェックし、シミが気になるなら美白成分の含まれたアイテム、シワが気になるなら保湿や引き締め効果のあるアイテムというように、気になる悩みに沿ったものを選んでください。
特にエイジングケアに有効な成分には、下記のようなものがあります。

■エイジングケアに有効な成分

悩み おすすめ成分 効果
ハリ・たるみが気になる レチノール ビタミンA誘導体ともいわれ、肌にうるおいとハリを与え、保湿力を高める
コラーゲン 肌表面に密着して、角質層に取り込んだ水分や美容成分を保持し、肌に弾力やハリを与える
シミが気になる トラネキサム酸 メラニンの生成を抑制し、肌荒れを改善する効果がある
ハイドロキノン メラニン色素を生成するメラノサイトや、メラニン生成を促すチロシナーゼの働きを阻害する
シワが気になる ヒアルロン酸 高い保水性があり、肌表面に膜を張って水分を閉じ込めて肌の水分量を上げる
フラーレン シワやシミなどの原因となる活性酸素を抑制し、肌の乾燥を防いでシワを抑制する

紫外線対策をする

顔や手など、露出する肌が老化する原因の8割が紫外線といわれており、エイジングケアでは紫外線対策が重要です。紫外線を浴びると、メラニンが多く生成されてシミの原因になるのはもちろん、保湿成分が失われて乾燥しやすくなってしまいます。特に50代になると、肌のバリア機能が衰えていてダメージを受けやすいので、室内外や天気を問わず、オールシーズンの紫外線対策が必須です。
「ちょっとそこまで」のお出掛けや、ベランダで洗濯物を干す際などにも油断せずしっかり日焼け止めを塗り、日傘や帽子も活用しましょう。

抗酸化作用のある食品を意識的にとる

体内に活性酸素が増えると、体が酸化して老化が進むとされています。体の酸化を食い止めてくれるのが、抗酸化物質です。抗酸化物質は元々体内に存在しますが、加齢とともにその量は減っていくため、抗酸化作用のある栄養素を摂取することが必要です。
ビタミンA・C・E、ポリフェノール、ミネラルといった、抗酸化物質を含む食品を積極的にとり、体の酸化を抑えましょう。

水分補給をする

スキンケアで外から補うだけでは、50代の肌が不足しがちな水分を補いきれません。水分不足は血液の循環や新陳代謝の停滞にもつながるので、積極的に水分をとりましょう。カフェインを含む飲料には利尿作用があるので、水や麦茶、ハーブティーなど、ノンカフェインまたはカフェインレスの飲料がおすすめです。
特に、寝起きは必ず水を1杯飲んで、睡眠中に失われた水分を補給するようにしてください。体を冷やさないよう、常温の水がおすすめです。

50代のエイジングケアは、内からも外からも補うことが必要

女性ホルモンを筆頭に、肌に必要な成分が次々と減っていく50代。せわしない毎日に追われてケアを怠ると、あっという間に肌のトラブルが進んでしまうかもしれません。
10代・20代のような若さはないかもしれませんが、50代は重ねた年齢で円熟した美しさが現れる年代です。無理に若く見せるのではなく、今の肌に合ったケアを行うのが、50代のエイジングケア。スキンケアアイテムでエイジングケアに有効な成分を取り入れつつ、バランスのとれた食事と定期的な水分補給で、体の内側からも美肌を作っていきましょう。


この記事の監修者

医学博士。聖マリアンナ医科大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学病院、墨田病院などを経て、現在は子育てをしながら産業医として活動している。